粉瘤の基礎知識

粉瘤かも 首にできた痛いしこりは放っておいても治らない

肌のトラブルも、実にいろいろなものがあります。
その中でも厄介なものが、粉瘤です。
皮膚に生じる良性の腫瘍で、「アテローム」という別名もあります。

 

小さいものでは数mm程度ですが、大きいものになると20cmを超える場合もあるのです。
粉瘤が小さいときは、ニキビやおできとの見極めは難しいでしょう。

 

自然には治らない

実は粉瘤は一度できてしまうと、自然に治癒することはありません。
手術しなければ完治することのない腫瘍になります。
粉瘤はニキビやおできとよく似ていますが、細かく観察すると気がつくでしょう。
それぞれの特徴から見極めることができます。

 

粉瘤の参考サイト→粉瘤ができる原因

 

粉瘤の特徴

粉瘤の特徴としては、しこりになっていて硬いことです。
ドーム状のしこりの中心に、「へそ」と呼ばれる黒い点があります。
顔や背中、首、耳の後ろ、お尻などに生じやすいとされています。

 

たとえ表面に外用薬を塗布したとしても、しこりには変化は現われません。
通常であれば粉瘤による痛みや出血などは見られないでしょう。
しかし一度炎症が起これば、赤く腫れて痛みを伴います。

 

放っておいても自然にはなおりません。
そのため、炎症が起きたら速やかに治療することが欠かせません。

 

粉瘤の多くが、「表皮嚢腫」と呼ばれるものです。
表皮の下に袋状のものができて、ポコッとしこりのような膨らみが生じます。
袋の中には、剥がれ落ちた古い角質が蓄積されています。
粉瘤から中身が漏れると、強烈な臭いを発するのです。

 

小さくて炎症を起していない場合には、放置していても問題はありません。
しかし炎症が起きて激しく痛い場合には、外科で治療を受けることになります。

 

治療の方法

切開して中身を取り出す方法と、袋ごと切除する方法があります。
どちらの場合も、局所麻酔による手術で短時間で処置することが可能です。
粉瘤が化膿しているときは、膿を取り除き一度炎症を引かせてから手術を行います。
痛いと感じるようになったら、我慢せずに治療を受けましょう。