粉瘤の基礎知識 顔

粉瘤(ふんりゅう・こなこぶ)の原因と顔の発症

粉瘤は、病名を粉瘤腫といいます。
皮膚の下層に溜まった、垢などのことでアテローマとも言います。
粉瘤は、周囲の細胞に浸透しません。
ですから、良性の腫瘍として分類されているのです。

 

通常、皮膚組織は常に新陳代謝を行なっており、生成と死滅を繰り返しています。
この死滅した皮膚組織の老廃物と、毛穴などから分泌される皮脂が原因です。
これらが、皮膚表面に寄り集まったのが垢などになります。

 

この寄り集まった垢などが、皮膚の下層で新陳代謝によって変化していきます。
次々と寄り集まって、粉瘤となるのです。
大きくなった粉瘤では、皮脂が混じっている場合が多いです。
なので、皮膚常在菌の作用で腐敗臭を伴っており悪臭がします。

 

また、皮膚内部で化膿した大きな粉瘤が皮膚の下の真皮で破れることがあります。
この状態は、筋肉炎や腹膜炎などを引き起こす可能性が高いのです。
さらに重症化すると、重要な器官に粉瘤が悪影響を与えて死に至る場合もあります。
ですから、極度に肥大化した粉瘤は外科手術により摘出する必要性があるのです。

 

 

粉瘤の原因

 

腫瘍と言っても、悪性でなく良性ですので心配はありません。
腫瘍を脂肪の塊と表現する人がいます。
ですが、皮脂や垢など皮膚の角質の老廃物が固まったものなのです。
皮膚の下にできた袋状の「のう胞」の中に集まって溜まる状態のものです。

 

実は、粉瘤ができる原因は解明されいません。
毛根を形成する、組織のひとつが原因ではないかと思われています。

 

毛根を形成する組織のひとつに、同じ刺激を与えるとできるようです。
皮脂腺が必要以上に活性化するのが原因とも言われています。
皮膚が外傷を負った時に、表皮や皮膚の基底細胞が真皮内に閉じ込められて生じるとも言われています。

 

 

顔の粉瘤

 

粉瘤は体だけでは無く、部位を選ばないので顔にも発症するポピュラーな皮膚病です。
顔にできた粉瘤は気になることで、ついつい触れてしまうと刺激を与え大きくなってしまいます。
また、患部に雑菌が入り込むこともあります。
痛みを伴う炎症となりますので、医療機関にて早めの診察をお勧めします。

 

粉瘤を皮膚科で治療する場合、ほとんどが除去手術となります。
ためらう人がいますが、珍しい病気ではありません。
痕が残らないよう配慮した手術が可能です。
決して、難しい手術ではないので安心です。
近年、顔の粉瘤の除去手術は美容整形外科においても対応しています。