粉瘤の基礎知識

粉瘤の症状とはどのようなものがあるの?

何気に触った身体の一部に、にきびのようなものがあることがありますよね。
触っても、小さいし、痛くないし、何だろうと思ったことありませんか?
それは、にきびではなく、粉瘤(アテローム)かもしれませんよ。
あまり聞き慣れない「粉瘤(ふんりゅう)」ですが、これって、一体何なのでしょう?

 

 

「粉瘤ってなに?」

 

粉瘤腫とは、表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物が、毛穴の中にある嚢胞に溜まって起きる腫瘍のことです。
これは、皮膚の内部(真皮)に起きる、良性の嚢胞(のうほう)性病変です。

 

初期の頃は、丸い球体のようなしこりができます。
にきびによく似ていますが、ニキビのような痛みはありません。
無理に潰すと、感染症を起こすことがあるので、無理に潰さないことです。

 

通常は、そのまま体内に吸収されたり、毛穴から体外に排出されます。
もしくは、痛みを伴わずに、徐々に大きくなります。
あまり、大きくなり過ぎると、外科的な処置が必要です。

 

 

「粉瘤の原因」

 

粉瘤のできる原因は、多くの説がありますが、未だその原因は明らかになっていません。
まれに、外傷が原因となることがありますが…

 

現在、有力な説として、毛根を形成する組織の一つで、毛漏斗に由来すると言われています。
また、同じ場所への刺激により、毛包全体に毛漏斗の細胞が化生したと考えられています。

 

そして、角質物質や皮膚の垢が毛穴の下の袋に溜まるんです。
これを「嚢胞」と呼びます。
つまり、この嚢胞と角質物質で構成された塊が、粉瘤なのです。

 

粉瘤は、毛穴のあるところであれば、どこにでもできます。
比較的多いのは、頭部・首・脇・ふくらはぎです。
それ以外では、脇腹・指・足指・四肢・外陰部など、あらゆる部位で見られます。
比較的に、皮膚が柔らかい部位にできやすいようです。

 

 

「粉瘤の症状」

 

上記で説明したように、粉瘤の正体は、袋状に包まれた積年の垢(アカ)です。
粉瘤の中央には、小さな穴があります。(へそと呼ばれています)
無理に押し潰したりすると、中央のへそから老廃物が体外に排出されます。
無理に潰すと、細菌感染を起こすこともあります。

 

細菌感染を起こすと、炎症が起こり、小さかったしこりが、2〜3倍の大きさになります。
そして、激しい痛みがあります。
こうなると、日常生活にも支障が出てきます。

 

 

粉瘤は初期症状で抑えれば、切除するまで悪化しません。
早い段階での処置をお勧めします。